フェラのやり方をご主人様(S男性)に教えてもらって我慢できないM女

もうホントに体に力が入らなくて、
言われた通りに動いたけど、
アツシさんのモノが
1度抜けてしまって、

『あ、じゃあ、
ゆなが自分で入れてね。』
と彼。

私はアツシさんの上に股がる形で、
アツシさんのモノを
自分の穴の中に入れようと、

アツシさんのモノを
指先で持ち
入れようとしたけど、
なかなか入らない…。

それだけでもヌルヌルと
たまに縄が突起してる
部分に当たり
吐息混じりの声が
出てしまいました。
『あぁっ、、はぁっはぁ。』
『ゆなは擦れてるだけでも
気持ちいいの?』
『ぅんっ、きもちぃっ、、
はぁはぁっんっ。』
『でもっ、入れたいよぉ。』
『じゃ、頑張って。』

そう言うと
アツシさんは私を見上げて、
手で私の太ももを撫でました。

でも、なかなか
自分で入れるのは難しくて、
アツシさんのモノが
ちょっとふにゃふにゃに
なってきてしまいました。

『…あっ、ごめんなさい。
柔らかくなってきちゃった…』
『じゃ、俺のを舐めて
大きくしてもらおうかな。』
『したことは?』
『…ちゃんとはないので、
教えてください。』
『よし、じゃ、
乳首からやってみて。
俺がゆなにやったみたいに
やってみて。

『はぃ。』

私にやってくれたように、
アツシさんの乳首を
コリコリ舌で舐めたり、
じゅるじゅると
音を立ててやってみました。

そのまま、
乳首からおへそまで舌を這わせて
舐めたりキスしたり。

頑張ったけど
なかなかモノは
大きくなりませんでした。

実技フェラ講座

『ゆな、俺の舐めて。
初めは、先っちょだけ
舌の先でアイスクリーム
舐めとるみたいにね。
…唾液垂らしたりして、
自分の手使って
優しく上下に動かしたり…
少ししたら、
少しずつ唇使ってくわえたり…』
『そうそう、上手っ。』
『そしたら、
唇だけでキスしたり、
吸ったり。
唾液口に含んで
音を出したりして。』
『根本まで丁寧にしたら、
今度は玉ね。』

「…玉も気持ちいいのかな?
うーんよくわからないけど、
これで固くなってくれたら
嬉しいなぁ♪」
と思いながら、頑張ってやりました。

『たまに目線だけ俺の方見て、
しゃぶって。
それだけでもエロいよ。』
『玉を下から口で吸ったり、
口の中で優しく
転がしたりして舐めて。
玉やってる時も、
手はちんぽね。
指先で触ったり、
手のひらで包んで上下して。』

スポッ、くちゅっ、
ちゅっレロッと
色んな音を出しながら舐めました。
徐々にではあるけど、
気持ちいいのか
大きくなってきてるのが嬉しくて、
もっとしたいと思いました。

その変化が嬉しくて、
少しずつスピードが早くなってて、
『ゆなっ。手を使うときは、
もっと自分の唾液使って。
じゃないと気持ちよくない。』
と言われて、
自分の唾液を垂らしながら、
手を上下に動かしていると、
くちゅっ、くちゅっという
音を聞いてなのか
体が熱くなってきて、
『あはぁっ。』と思わず声が。

自分の体が
モジモジしてる感じが
何だか切なくて、
触って欲しくて…

それでも、
自分が舐めてあげてることで
気持ちよくなってくれてるのは
スゴい嬉しかったから、
モジモジしながら頑張りました。

『次、口の中で上下して。
舌も使いながら、
初めは丁寧に。
徐々に根本まで
くわえて欲しいけど、、、』
『はむっ、んっレロレロッ、
んはっ、んっんっ。

根本まで
くわえ…ようとしだけど、
長くて入らなくて、
おえっとなってしまいました。

『あっ、ごめんなさい。
長くて口の中に入らなくて…』

『そんなに初めからは
無理だと思うから、
くわえられるところまで
口の中に入れて、
根本を手で上下に動かしたり、
玉は手で優しく
触ったりで良いよ。』

『ふぁい。』
目線を送りつつ、
アツシさんに返事。

『あぁ、ゆなの口の中も熱い。
口の中から内頬に付けて
斜めにしても、
根本までくわえられないかな?』

言われた通りにやったけど…
あと少しなんだけど入らなかった…
『こふぇんなふぁぃ(ごめんなさい)….』

私は、根本が気持ちいいのかな?
と思って、
モノから舌は離さず
1度玉を口の中でくわえた後、
そのままの根元を唇で
ハムハムしながら、
後ろの筋を舌先で舐めたりしてみました。

そしてモノの先は、
今までとは逆で
手で上下してみました。

そしたら、
『あっ、ゆな。それ良いよ。
そんなのどこで覚えたのっ‼』
とアツシさんの声が
出たのが嬉しくて、

『ふぇ?』と1度口から離して
『根本が気持ちいいのかと思って、
逆にしてみただけ…きもちぃ?』
と聞くと、
『喋らないでちゃんと続けて。』
と言われてしまいました。

同じ事を繰り返したり
先っちょに戻るときも舌は離さず
裏の筋を舌でなぞりながら先端に戻る…。

『あぁ、良いね。ゆなの事好きだわ。』
その言葉が嬉しくて、
『ゆなもアツシさんの事好きぃ~。
ゆながだけを見てほしい…』
と言うと、

『束縛は、嫌いだよ。』
と言われたから、
『じゃ、我慢するから、
ゆなと居るときはゆなだけを見て?
それもダメ?』
『う~ん。ダメ。
それに俺は御主人様だよ。』

ちょっとしょんぼりしてたら、
『でも、ゆなとのエッチが
一番相性良いよ。
フェラももっと教えたいわ。』
と言われて嬉しくなりました。

嬉しい言葉に疼く

『ご主人様?
…ゆなももう
気持ちよくなりたいです。
もう入れられるかなぁ?』
『(笑)おねだりするなんて、
ダメなヤツだけど…
ちゃんと言ってくれたから、
入れてみて。』
ゴムはアツシさんに
付けてもらいました。

教えられる前に、
ゴムを着けたアツシさんのモノ
が少し苦しそうに見えて、
自分の唾液を垂らして
少し手で上下に動かしてから
入れる準備をするために
アツシさんにまたがりました。

先っちょだけが擦れるだけで
気持ちよくなるのを感じ、
体が疼いてる感じもあったので
ゆっくり穴に入れたけど、
やっぱり全部入れるには
ジンジンしました。
『ぁあっ、アツシさん、
ちょっとここまででっっ。』
『ゆなの中やっぱりまだキツいね。
…で、もっ‼』
と下から一気に突いてきました。

『あ”ぁっ。やっ、
いたっっまっ、あっうごっっ。』
動くのを
待ってもらおうと思ったけど、
ちゃんと言えなくて、
下からゆっくりだけど
一気に上下にしてきました。

『ずじゅっ、ずじゅっ、』
という音と
『あぁっ、あっ、んっあぁっ。』
という私の声。

痛いけど、
段々気持ちよくなってきて、
しまいには
『ゆなが動くのっ。
アツシさんのだめっ。』
と言っていました。

『じゃ、どうぞ。(笑)』
と言われて、
私が動くのは初めてだったけど、
頑張ってやってみました。

アツシさんは動いてないのに、
アツシさんのモノが
中で動いてるみたいで、
1人で気持ちよくなって
しまいました。

『あぁっ、
アツシさんのが
奥まで来てるのがきもちぃっ。
あぁっ、アツシさんっ。』
と言うと
アツシさんはゆっくり動くのが
何だかもどかしいみたいで、

『ゆな、遅いっ。』と1度抜いて
鏡の前に立たされ、
少しお尻を突きだした状態で
後から突いてきました。

『んあっ、あぁっ。』
『ゆな、ほら前見て、
縛られてるゆなの体も、
乳首も気持ち良さそうに
なってるよ。』
乳首を触ったり、
首から肩にかけて
舐められたりされて

『あっ、アツシさん、
キスしたぃっ。』
とおねだり。
『仕方ない子だね~』
と濃厚なキスをしてくれました。

『キスきもちぃっ、あっ、もっとぉ。』
『もっとどうしてほしいのっ‼』
と突きながら言われました。

『ゆなは言葉責めの方が
感じるみたいだね。』
と耳元で言われ
『俺のちんぽ、離さないと、
ゆなのおまんこが締め付けるよ。』
『あっ、だって、きもちぃっ。』
『ゆな、手をベッドに付けて
もう少しお尻突きだして。』

そう言うとアツシさんは、
さらに奥を突いてきました。

『あ”ぁっそれ、
だめっあっ、はげしっ、
あぁっあっあっ、
あっ、あっ、あっ、』
『何でダメなの?
気持ちよくない?』
『んあっ、きもちぃ、
よすぎて、、おかしくなるっ。

『ゆなはバックからが
好きなんだね。』
『あっ、きもちぃ、
けどっ、ア、ツシさんのっ
顔みたいっ。
はぁっ、キスしたいよぉ。』
『じゃ、ちゃんと言いなさい。』

『ごしゅじ、さまのっ、
顔見ながら入れてほしいですっ。』
『あれ?キスじゃないの?(笑)』
『えっ、あっキスもしたいよぉ。』
その間も、
ゆっくり後から突かれていました。

『続けて言わなきゃ解らないなぁ。』

変な形の挿入

『う~…ふあっ‼あっ、んっ‼
ごしゅじんさまの、
顔見ながら入れて、、
キスもしたいっですっ‼』
『じゃ、これで良いのかな?』
と対面はしてるけど、
私は寝ながら体育座りをしてる状態で
足はアツシさんの体に抑えられ、
突かれながらキス。

ぱちゅぱちゅ、ぐちゅぐちゅ
という音を響かせながら、
アツシさんに奥まで突かれました。

『あっあっ、
んっはぁっあっあっあっ。』
『どう?これで合ってるっ?(ニヤニヤ)』
『かおが、何か遠いよぉ…
もっと近くが良い…』
『ふつう?
あのっ、ゆながベットに寝る感じ?』
『(笑)正常位ね。』

やっと思ってるものになり、
『アツシさん、ギュッてして。
キスしてぇ?』
とおねだり。

もう体が限界に来てるのが解るくらい、
がくがくしていました。

『ゆな、、』
とキスしてくれたから、
アツシさんを
ギュッと抱き締めた瞬間、
腰を激しく振ってきた彼。
『あ”んっ、あっあっはぁっあっあっ。』
気持ちよくて、
両足先が伸びて吊る感じがし、
力が入る。
『あぁ、ゆな、きつく絞めすぎ、
もーイキそうだっ‼』
『あっ、アツ、シさんっ、
ゆなで、きもちぃ?
はぁはぁっはっんっ、嬉しっ‼』


そんなことと思っていたら
もっと激しくなり、
ッパン‼ッパン‼と大きな音が。

アツシさんも
『はぁはぁっ、ふっ‼
くぅっ‼はぁはぁっ。』
と吐息混じりの声が出てて

私は気持ちよすぎて仰け反り
今まで以上に
声が出てしまいました。
『あーーーーイくっ‼
あーーーーっアツシさ、も、あ。』
『良いよ。ゆな。俺もっ。』
と同時にイきました。

その後少し私は気を失うように
寝てたようでした。

体にも縄の後が数日消えず、
思い出し触っては
1人ドキドキしたりしてました。

この後もまだアツシさんとの
“初めて”が続きますが、
一瞬にして気持ちが覚める出来事が‼

それでは、また次回。(о´∀`о)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする